おすすめのカードローンサービス

サービス名 実質年率 限度額
アイフル
アイフル審査
4.5-18.0%500万円
プロミス
プロミス審査
4.5-17.8%500万円
アコム
アコム審査
3.0-18.0%800万円
モビット
モビット審査
3.0-18.0%800万円

カードローンの時効と信用情報

カードローンの時効と信用情報イメージ

カードローンのカードローンやカードローンなどのサービスを利用して借入を行っている人は多くいます。それらの人の大半はきちんと返済を済ませていますが、中には返済が困難な状況に陥ってしまう人もいます。そういった場合は返済日にきちんと返済する事ができず遅延になってしまう事になります。そうなると通常であればカードローンから催告来ます。またそれと同時に信用情報機関には遅延があった旨の記録が残ります。
しかし何らかの事情で遅延が生じていても催告が来ないケースも稀に見られます。催告が来ると民法上時効の中断が生じる事になりますが、債権者側から何の催告来ない場合には時効が進行します。カードローンからに借入金の消滅時効は5年と定められているため、履行期から5年間催告がないまま経過すれば時効を援用して債務を消滅される事が可能になります。援用の際には債権者であるカードローン側にその旨の通知をしなければなりません。そのため通知をした時点でカードローン側では催告をしていなかった事を認識する事になります。
こうした場合は借入金の債務自体は消滅するので、返済する法的な義務はなくなります。しかしカードローンの側では返済がなされなかった旨を信用情報機関に通告することになるため、信用情報が大きく傷つく事になります。そうなると今後新たな借入を行ったりローンを組んだりする事が困難になってしまいます。そのため催告が来なくても借入金はきちんと返済する努力をする事が大切です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ