おすすめのカードローンサービス

サービス名 実質年率 限度額
モビット
モビット審査
3.0-18.0%800万円
アイフル
アイフル審査
4.5-18.0%500万円
プロミス
プロミス審査
4.5-17.8%500万円
アコム
アコム審査
3.0-18.0%800万円

カードローン金利上限は18パーセント

カードローン金利上限イメージ

カードローンが貸し付けを行う際には金利が設定されていますが、この金利は貸金業者が完全に自由に決定できるわけではありません。利息制限法という法律で上限が定められており、その範囲内で決める事ができます。手軽に申し込めるカードローンに関してもこの利息制限法による規制を受けます。
利息制限法では借入金額により異なる金利の上限を設けています。概ね少額である場合には緩めの規制で、高額の借入に関してはやや厳しめです。具体的には元本が10万円未満の場合には年利20パーセントの上限です。1年間10万円を借りている場合には2万円の利息が付く事になります。パーセンテージとしては大きいですが、元本が少額であるため利息はそれほど大きくはなりません。
これに対して元本が100万円以上の高額の借入に関しては厳しめに規制されており、年利で15パーセントまでとなっております。そのため高額の借入でも利息が大きく膨らむ事が防止されるようになっています。
この両者の中間である10万円以上100万円未満に関しては、年利で18パーセントまでという規制です。実際にカードローンを利用する人の多くは、この10万円以上100万円未満の金額を借り入れる事が多いため、カードローンの金利の上限は概ね18パーセントだと考えると良いでしょう。この18パーセントという数字は10万円をちょっと超えるくらいの金額ではそれほど大きな負担ではありません。しかし100万円よりやや小さいくらいの金額を借り入れる際には大きな負担となります。本当に返済可能なのか十分に検討してから申込をするようにしましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ